「ない」と、羨み批判する

「ない」と、羨み批判する叫び

何が「ない」かというと…

自分への誇りや愛などが

「ある」という感覚ですえっ

 

相手を下げ落とすことで

自分が上で「ある」ことに

したいという心理。

 

 

 

例えばきれいな人を見て

「センスはないよね」とか

「化粧でごまかしてるね」

 

なんて言って認められない

のは、自分への誇りや愛

が足りないかな。

 

あの人よりって比べなくても

その人にはその人の良さ

あるのに。

 

 

 

別に、私は美人だ!とか

思わなくても「これが私」

って誇りを持ち堂々としたら

 

それだけで美しい姿で、

周りからも愛される人ドキドキ

あの人はどうだとか、

あの家庭はどうだとか、

 

言っている人はその「どう」

の部分が私には「ない」と

心の奥で泣いている汗

 

人より「ある」か「ない」か

ではなくて、自分自身が

「ある」と確信しているかラブラブ

 

 

 

だから、そんなようなことを

言われても気にすることは

ないし、落ち込まないでニコニコ

 

言われた人には、言った

人にとって「ない」ものが

「ある」のだから。

 

「ある」人は心にゆとりも

あるから、いちいち小さい

ことに取り合わない音譜

 

 

 

それよりもっと楽しんで

自分に誇りを持って愛で

満たしていくことに夢中キラキラ

 

そんな人は周りも照らす

ほど輝いていて美しい!

 

エールを送りたい方に

届きますようにチョキ

本日もありがとうございました。

 

 

ラブレターmukavuus206@gmail.com


 

クローバーリオン師匠のインスタ

 ちょっと元気になるメッセージ

https://www.instagram.com/chilly_days_mukavuus

 

クローバーメールマガジン

※タイトルが変わりました

もっと動物と人でお喋りしようよ

 

クローバーホームページ

 


 

ドキドキアニマルコミュニケーション・セッション

 

ドキドキ飼い主さんのための

 アニマルコミュニケーション・講座

 

ご質問・お問合せもこちら↓

お申し込みはこちら