シンプルな言葉ほど伝わるから ~飼い主さんの一言~

動物さんへの言葉

 

何度か投稿したことなのですが

「デブ」「オカマ」「バカ」「ブス」

これらの言葉を一番信頼する

人に言われたらどう思うか…

想像するだけで胸が痛いし、

これらの言葉を羅列しただけで

何だか気分が悪いですね汗

 

動物は言葉なんて分からない

 

では、なぜ怒る時は

「何度言ったら分かるの!」と

言うのでしょうあせる

 

 

 

動物さん達は言葉以外に、

声のトーンや言葉の波動、

オーラなどの雰囲気からも

多くを受け取ります

 

それは私たちも同じですニコニコ

文字ではそれが伝わらない

ので「何だよ」を冷たく拒絶

されたように読みます。

 

でも、仲良しの友達で前後の

流れもありお互い笑っていて

「何だよ」と言われても拒絶は

感じません。

 

 

 

「いいんじゃん」も声のトーン

で、適当に言っているのか

応援しているのか感じ方が

違ってきますね音譜

 

この“感じる”から得るものは

とても大きな割合を占めます。

「大丈夫だよ」と言われるだけ

より、ギュッと抱きしめられて

言われた方が伝わるし、

 

目は口ほどにものを言う、と

いう通り言葉より雰囲気を感じ

コミュニケーションになります

 

 

 

さて、動物さんの話に戻り…

 

動物さんは言葉を理解します。

しかしそれは、人間が理解する

ように一時一句ではありません

 

 

 

アニマルコミュニケーションでも

 

「明日は病院に行くから今日は

ご飯を控え目にしないとダメで

その代わりに明日帰ったら

おやつをあげるから今日は

我慢して早く寝た方が良いと

思うんだけどどうかな?」

 

な~んて聞き方はしません。

私でもこんな風に話されたら

「ん?…で?」となりそうにひひ

 

 

 

何となく雰囲気からあまり

都合の良くないことだ、位の

理解はするとしても。

 

イメージしてシンプルに伝える

ほど伝わりやすいのです。

 

ってことは…

「この子デブだから」って謙遜

してるつもりでも動物さんは

傷付きますよねあせる

動物さんが勝手に太った訳

ではなく、食事や運動など

飼い主さん次第で太らせて

しまったのに叫び

 

ちょっと太めの子の飼い主さん

を批判する意味ではなくて、

 

謙遜や笑わせる手段として

動物さんの傷付くことを言って

ほしくない、という意味ですラブラブ

 

 

 

他の飼い主さんが指摘して

くることもあります。

「太ってない?」とか

 

ハッキリ言って余計なお世話

なのですが、つい穏便にと

同調してしまいますよね。

 

できるだけ笑顔で、「今一緒

にダイエット頑張ってます」

とか「300g痩せたんですよ」

など、おうちの子の味方で

いて下さいドキドキ

 

 

 

そのような言葉、雰囲気など

全て含めて動物さんはさらに

飼い主さんに信頼を寄せて

絆も深まります足あと

本日もありがとうございました。

 

 

リオン師匠のインスタ

https://www.instagram.com/chilly_days_mukavuus

 

ホームページ

 

 

■イベント情報■

ありがたCafe
10月7日(日)
11時~16時
両国シティコアX
お申し込みはこちら

 


 

■イベント情報■

癒しフェスティバル
12月9日(日)
10時30分~17時
産業貿易センター台東館
お申し込みはこちら

 


クローバー人と動物をつなぐ幸せコーチメルマガ

 

登録はこちら↑をクリック

ドキドキメルマガ限定特典ありビックリマークドキドキ

 


 

クローバーアニマルコミュニケーション講座

 

 宝石緑基礎講座

 宝石ブルー中級講座

  ・おうちの子コース

  ・コミュニケーターコース

 宝石赤上級講座(研究会)

 

※詳細・流れはこちらから

 

※スマホのかたはこちら

 

お申し込みはこちら

 


 

クローバーアニマルコミュニケーションセッション

 

 足あと出張セッション

  (ご自宅・カフェなど)

 足あとSkypeセッション

 

 約1時間30分のセッションで、

 オーラ解析で本来持っている

 輝きと発揮しきれていない点、

 

 知りたいことや動物さんの

 気持ちを聞き、動物さんからの

 メッセージをお伝えいたします。

 

お申し込みはこちら