ワンニャンに学ぶ、選択基準

ワンニャン達は基本的に

 

快か不快か

生きるのに必要か不必要か

 

というシンプルな選択わんわんにゃー

絆が深い家族や仲間には

この基準以外の選択もする

のですが、結果「快」です。

 

留守番は「不快」の部類です。

ですが、家を守るお仕事を

任されたらこなします。

 

飼い主さんの喜びとなり、

褒めてもらえるなら、不快な

ことも快にしようとくれます

 

 

 

歳を重ねた子、病を抱えた子、

小型犬など洋服を着せる必要

がある時、

 

その子たちにとっては不必要

なものと感じても、飼い主さん

が着せて褒めてくれるなら

 

これも不快だけど快にしよう

と、着てくれます

 

 

 

私達が社会で生きていく上で

快ばかりを選択できないのは

事実ありますが、

 

できるところは快を選び、

できないところは不快を快に

する発想の転換はできます音譜

私達には矛盾した選択肢が

日常にたくさんありますシラー

 

必要だけど不快・・・

不必要だけど快・・・

 

そんな時は、その先には

何がある?という質問を

してみてはいかがでしょうニコニコ

 

 

 

不快を乗り越える快が

見えてきたり、

 

不必要を断ち切る必要が

見えてきたり、

 

新たな一回り広い視点で

物事が見えてきて、選択

基準がシンプルになって

きますよキラキラ

 

 

 

明日はこちらでも雪の予報雪

暖かくしておやすみなさいやや欠け月

 

ラブレターmukavuus206@gmail.com


 

クローバーリオン師匠のインスタ

 ちょっと元気になるメッセージ

https://www.instagram.com/chilly_days_mukavuus

 

クローバーメールマガジン

※タイトルが変わりました

もっと動物と人でお喋りしようよ

 

クローバーホームページ

 


 

ドキドキアニマルコミュニケーション・セッション

 

ドキドキ飼い主さんのための

 アニマルコミュニケーション・講座

 

ご質問・お問合せもこちら↓

お申し込みはこちら