愛犬の名前に表れる飼い主さんの思考と好み

ちょっと雑談です音譜

 

おうちの子を迎えた時に、

どのようなワンちゃんになって

ほしい!と思いましたかはてなマーク

優しい子・元気な子・可愛い子・

強い子など漠然でもイメージが

あったと思います。

 

それはお名前にも表れますラブラブ

そのお名前にはその子への

イメージともう一つ、

飼い主さんの思考も表れます♪

 

 

 

良いとか悪いではないですよ!

 

 

 

例えば、歴史人物で温厚で人に

慕われた豊臣秀長から”秀長”

と名付ける人は、

 

やはり温厚で争いごとを好まず、

みんなと仲良くしたい。愛犬も

温厚でみんなと仲良くできる子

になってほしいと思う傾向で、

響きで”プクちゃん”と名付ける

人はかわいいものを好む傾向が

あり、愛犬にもかわいいもの

好みやすく、

 

人間のお子さんのような漢字名

で”魁斗”(かいと)なら、

お洒落でこだわりを大切にする

ので、愛犬の可愛さよりは格好

良さを重視する傾向がある、

 

といった大まかな好み・思考を

イメージできます。

 

 

 

あくまで、大まかなもので必ず

当てはまるものではありません。

 

飼い主さんは無意識にイメージ

に沿って接します。

この、最初に思ったイメージは

日常の中で徐々に変わっていく

ことが多々あります。

 

それは、飼い主さんの中の

ルールが変わっていったこと

理由にあります。

 

 

 

つまみ食いをダメと言っていた

のに、見つめられるとつい…

 

ダメと言うと手を噛んでくる

からつい…

 

そして、『まぁいいか』になり

可愛いイメージだったはずの

プクちゃんが威嚇して噛みつく

子になってしまったりガーン

 

 

 

これからワンちゃんをお迎え

する方、今あまり関係が良好と

言えない方、

 

『どんな子になってほしい?』

 

をもう一度思い出して、おうち

ルールを確認してみてはいかが

でしょうかラブラブ

明日のメルマガでは、本日の

お話を絡めつつドッグランでの

飼い主さんとワンちゃんの

気持ちをお伝えしますニコニコ

 

 

 

本日もありがとうございましたラブラブ

 


 

クローバー人と動物をつなぐ幸せコーチメルマガ

 

登録はこちら↑をクリック

 


 

クローバーアニマルコミュニケーション講座

 

 宝石緑基礎講座

 宝石ブルー中級講座

  ・おうちの子コース

  ・コミュニケーターコース

 宝石赤上級講座(研究会)

 

 詳細はこちらから

 講座の流れと概要をご覧ください

 

※スマホのかたはこちら

 

お申し込みはこちら

 


 

クローバーアニマルコミュニケーション

  個人セッション

ご自宅への出張、またはお近く

のカフェなどで

 

お申し込みはこちら