鼠さんで繋がる祖父と孫の記憶

今日は私事ですが…

 

祖父が硫黄島に関する本を

出版したことがあると聞いた

ことはありました。

去年、貴重な保存状態の良い

本を手に入れることができ、

一気に読みました。

 

その中に、祖父が洞窟に入った

際に出会った鼠一家の話があり、

話しかけていた様子に血筋を

感じましたTo

 

私が小学校一年生で他界し、

一緒には暮らしていなかった

こともあり、戦争の話を聞いた

ことはありませんでしたが。

 

 

 

鼠一家のお話は戦後に島を

訪問した際のもので、祖父に

近付いてきた鼠一家は人を

怖がらなかったようです。

 

持っていた食べ物をあげると

母鼠が様子を見てから子鼠

たちも食べたようで、

 

推測ですがそこに潜んでいた

兵士さんから食べ物を貰った

ことがあるのではないか、と

書いてありました。

一緒におじさんと行くかい?

食べるものには困らないよ。

でも、無理は言わないよ。

 

と話しかけると、母鼠は暫く

考えるような仕草をした後に

去っていったそうですNico Nico

 

子鼠の中にはのんびりさんも

いて、連れて帰りたい気持ち

だったようですが断念。

 

 

 

祖父は動物さんが大好きで、

私が遊びに行っていた頃は

烏骨鶏・鯉・ナマズがいました。

 

七面鳥を飼い始めた頃に

体調を崩し、お世話できる方

の所に行ったのでした。

 

七面鳥が大きくなったら背に

乗せてあげる、と楽しそうに

言っていたことを思い出し

ました。

 

 

 

今は一般人の上陸ができない

硫黄島ですが、鼠さんの子孫

は生きているだろうなラブラブ

 

母方の祖父は動物大好き、

父方の祖父は超個性派、

どちらの血も継いでいますTo

 

私も去年、リオンのお散歩に

行こうとしたら鼠さんと遭遇

したっけ。

IMG_20170928_193316790.jpg

足元に来て暫く見つめ合って、

また私を見つけたら出ておいで

と言ったけど、会わなかったな。

 

本当に掬い上げて連れて帰る

一歩手前でした(^_^;)

とても人懐こい子だったな。

 

 

 

そういえば、祖父は当時の人

には珍しく外国人の友人が

たくさんいたそうです。

 

私も外国人のお友達を作る

ことが好きだし、そこも継いで

いました。

 

今お酒を一緒に飲めたら、

きっと朝まで飲み明かすこと

と思いますビールお酒

 

 

 

最近、そんな祖父のことをよく

思い出すのでした。

 

回想にお付き合い下さり、

ありがとうございました(^-^)

 

お墓が少し遠いので行けず

にいましたが、今年のうちに

祖父を訪ねます音譜

 

 

 

 

リオン師匠のインスタ

https://www.instagram.com/chilly_days_mukavuus

 

ホームページ

 


 

■イベント情報■

癒しフェスティバル
12月9日(日)
10時30分~17時
産業貿易センター台東館
お申し込みはこちら

 


クローバー人と動物をつなぐ幸せコーチメルマガ

 

登録はこちら↑をクリック

ドキドキメルマガ限定特典ありビックリマークドキドキ

 


 

クローバーアニマルコミュニケーション講座

 

 宝石緑基礎講座

 宝石ブルー中級講座

  ・おうちの子コース

  ・コミュニケーターコース

 宝石赤上級講座(研究会)

 

※詳細・流れはこちらから

 

※スマホのかたはこちら

 

お申し込みはこちら

 


 

クローバーアニマルコミュニケーションセッション

 

 足あと出張セッション

  (ご自宅・カフェなど)

 足あとSkypeセッション

 

 約1時間30分のセッションで、

 オーラ解析で本来持っている

 輝きと発揮しきれていない点、

 

 知りたいことや動物さんの

 気持ちを聞き、動物さんからの

 メッセージをお伝えいたします。

 

お申し込みはこちら